• 河西通友

平成30年度補正:小規模事業者持続化補助金、商工会管轄地域での公募が始まりました。



こんにちは。

YKコンサルティングの河西です。


「小規模事業者持続化補助金」は、商工会・商工会議所が経営計画の作成支援と一体となった販路開拓支援を行い、生産性の向上を図ることを目的とし、原則50万円を上限に国から補助金(補助率:2/3)を交付する制度です。


簡単に言うと、小規模事業者に対し、販路開拓に関わる経費の3分の2を補助します、というものです。


その小規模事業者持続化補助金ですが、昨日5月22日より、商工会管轄地域での公募が始まりました。

公募要領・申請書式のダウンロードは、以下のリンクから「県名一覧」をクリックし、事業所のある県名をクリックすると各都道府県の商工会連合会のサイトに飛びますので、


そこからダウンロードしてください。

(結構面倒ですね)

https://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=6742



締め切りは第一次が6月28日(金)、第二次が7月31日(水)となっています。 ※こちらの締め切りは商工会管轄地域です。商工会議所管轄地域は6月12日が締め切りです。


第一次の締め切りはタイトですが、早めに準備を始めていた方には特に問題ないかと思います。


50万円の補助は大きいですよね。


このタイミングで販路開拓で新たな取り組みを検討されている方は、ぜひ公募してみましょう。


なお、申請書提出の前に各地区の商工会で相談をして必要書類を交付してもらう必要があるため、締め切りよりも余裕を持って計画書を準備して商工会に相談してください。


毎年人気の補助金で、提出される計画書のクオリティも毎年上がってきています。


公募要領をよく読んで、ポイントをしっかり押さえて計画書を作りましょう。



■採択率アップ「小規模事業者持続化補助金」申請書の書き方セミナーを開催します。


詳しくは、以下のリンクからご覧ください。

https://www.ykconsulting.jp/news-update/jizokukaseminar2

9回の閲覧0件のコメント