• 河西通友

【速報】最大で250万円支給へ 中小企業向けの新たな給付金が発表

更新日:11月18日


※このブログ記事は執筆時点での情報に基づいたものです。今後法案等の成立に伴い内容が変更になる可能性もございます。給付金等の申請にあたっては必ず公式の発表をご確認ください。



こんにちは。

YKコンサルティングの河西です。


2021年11月10日(水)の報道によると、

政府の経済対策の柱として、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者に対し、

業種を問わず最大250万円の支給をする方針とのことです。


詳細はこれから協議されることとなりますが、現時点での対象者とされているのは、

月間売上高が前年か前々年の同月より大幅に減った事業者です。


前年もしくは前々年と比べてひと月の売上が50%以上減か30%以上減かで給付額が変わるようです。


例えば50%以上減少した場合には、年間の売り上げが


▽1億円未満の事業者には最大100万円

▽5億円以上の事業者には最大250万円


支給される案となっています。


また、個人事業主にも最大で50万円が支給されます。


これから詳細が詰められていくことになりますが、新しい情報が入り次第、随時お知らせしていきます。



2021年11月18日追記:


11月15日の報道で、新たな情報が出ました。


新たな事業者支援について、15日の与党会合で原案が示されたそうです。


新たな事業者支援は、地域や業種を問わず、今年11月~来年3月の1カ月の事業収入が平成31年~令和3年のいずれかの同月比で30%以上落ち込んだ事業者が対象。


「30~50%減の場合は、事業者が上限150万円、個人は30万円とする」


とのことです。


19日には追加経済対策の詳細がまとまるようなので、発表を待ちたいと思います。





■「自社ならどんな助成金がつかえるのか?」がその場でわかる!

【経営者向け】今活用すべき助成金オンライン説明会を開催中


>>> https://www.ykconsulting.jp/subsidyseminar




■使える助成金を今すぐしたい方はこちら

「助成金オンライン診断」(数分で診断可能です)


>>> https://shindan.jmatch.jp/writeup/?ykconsulting



211回の閲覧0件のコメント