【事業復活支援金】早く振り込まれるためのポイントは




こんにちは。YKコンサルティングの河西です。


1月31日より申請受付開始された、「事業復活支援金」。

Twitterなどでの反応を見ていると、

すでに振り込まれている方も多数いらっしゃるようです。


当初政府は、2週間以内での振り込みを事務局に要請していましたが、

現時点では、だいたい申請から10日前後で振り込まれているようです。


では、申請から支援金振込みまでスムーズに早く終わらせるにはどんな点に気を付けていけばよいでしょうか。


1)事前確認の際に、必要な申請書類も全て用意しておく

事業復活支援金の申請にあたっては、登録確認機関による事前確認が必要です。

TV会議や対面で事前確認が行われますが、対面で事前確認が行われる場合、確認後その場で申請のサポートが受けられるところもあります。

事前確認の際には、事前確認に必要な書類だけでなく、申請に必要な書類も全て準備しておくと良いかと思います。



2)登録確認機関と「継続支援関係」にあるか

登録確認機関と継続支援関係にあると、事前確認時および申請時に必要な書類が少なくなります。

その分、申請準備、審査も早くなる可能性があります。



3)書類不備のないように気を付ける

提出書類に不備があると、不備修正のやり取りなどで余分な日にちを取られます。

その分、振り込みが遅れる可能性が高くなるので、申請の前に申請要領をよく確認して、不備のないように気を付ける必要があります。


ご参考になれば幸いです。


 

事業復活支援金の解説動画もアップ。

【補助金・助成金をフル活用できる!資金確保支援プラットフォーム+コミュニティサービス】

「YK-SaaS(ワイケーサース)」


>>> https://www.ykconsulting.jp/yk-saas

閲覧数:97回0件のコメント