• 河西通友

意外と見落とされがち。iDeCo(イデコ)で気をつけなければならない点②


こんにちは。

YKコンサルティングの河西です。


老後の資産形成の手段のひとつ、iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、

「掛金が全額所得控除」「運用益が非課税」と、税金面で優遇をされています。


また、受け取る際にも、

「一時金が退職所得控除」の対象となります。


しかし、ここで注意しなければならない点があります。


通常、退職金を受け取る際、前年以前4年以内に他のところで退職金を受け取っていると、

退職所得控除の計算の際に、勤続年数に重複期間がある場合はその分が差し引かれます。


ところが、確定拠出年金に限っては、

退職所得控除の計算の際に、勤続年数の重複期間を差し引くのが、

前年以前14年以内に退職金を受け取っている場合、となります。


ですので、例えば退職金を受け取ってから5年後にiDeCoを一時金で受け取った、

というような場合、税制メリットが薄くなるケースがあります。


「掛金が全額所得控除」「運用益が非課税」というメリットも、

退職所得控除をフルに生かしてこそ。


受け取り方も十分気をつけましょう。


※経営者の手残りキャッシュを最大化するノウハウをご紹介しています!


「社長と会社の手残りキャッシュ最大化セミナー」

>>> https://www.ykconsulting.jp/cashsaidaika


「個人事業主のための手残りキャッシュ最大化セミナー」

>>> https://www.ykconsulting.jp/kojinjigyounushiseminar

19回の閲覧0件のコメント
ykロゴ101807.png

〒400-0031

​甲府市丸の内2-33-11-102

​055-267-6355

9:30~17:30(土日祝休)

保険募集に関する表記

このWebサイト(ホームページ)は概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず各引受保険会社の商品パンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をご覧ください。また詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、YKコンサルティングまたは引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、YKコンサルティングまたは引受保険会社にお問合わせください。

© 2018 YK Consulting