持続化補助金や事業再構築補助金などに特別枠新設。令和3年度補正予算案

更新日:1月3日


こんにちは。

YKコンサルティングの河西です。


2021年11月26日、令和3年度補正予算案が閣議決定されました。


中小企業支援策としては、先日発表された「事業復活支援金」をはじめ、

生産性革命推進事業である「ものづくり補助金」「IT導入補助金」「小規模事業者持続化補助金」、

そして「事業再構築補助金」も計上されました。


変化のあった主なポイントを挙げてみます。



「ものづくり補助金」

グリーン・デジタル分野への取組に対する特別枠を創設し、補助率や上限額を引き上げ



「小規模事業者持続化補助金」

後継ぎ候補者が実施する新たな取組や創業を支援する特別枠(補助額200万円) 、

インボイス発行事業者に転換する場合の環境変化への対応を支援する特別枠(補助額100万円)を創設。



「事業者持続化補助金」

グリーン分野への取組に対する特別枠を創設(売上高減少要件撤廃、補助額最大1億円)



2023年からスタートするインボイス制度を見据えて、小規模事業者持続化補助金に新たな特別枠(インボイス枠)ができるのには注目ですね。


その他の情報については、中小企業庁のサイトをご確認ください。


https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/index.html



 



■「自社ならどんな助成金がつかえるのか?」がその場でわかる!

【経営者向け】今活用すべき助成金オンライン説明会を開催中


▼詳しくはこちら

>>> https://www.ykconsulting.jp/subsidyseminar



■自社で使える助成金を今すぐ知りたい方はこちら

「助成金オンライン診断」(数分で診断可能です)

▼診断はこちらから

>>> https://shindan.jmatch.jp/writeup/?ykconsulting




閲覧数:57回0件のコメント