• 河西通友

「報酬に該当しないもの」で社会保険料を削減する方法とは?


こんにちは。

YKコンサルティングの河西です。


社会保険料の負担増は経営者にとっても悩みの種。


以前ブログで、

「税金は『給与』の額で計算され、社会保険料は『報酬』の額で計算される」ので、

「報酬に該当しないもので受け取るようにする」ことで、

社会保険料を削減することが可能と書いたところ、


「報酬に該当しないものとは?」


というご質問をいただきました。


まず、「報酬」の定義ですが、これは健康保険法で謳われています。


■健康保険法第3条

報酬とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与、その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受ける全てのものをいう。

ただし臨時に受けるもの及び3月を超える期間ごとに受けるものはこの限りでない。


これは、 厚生年金保険法第3条でも同じ定義がされています。


法律ではこのように「報酬」が定義されています。


よって、「報酬に該当しないもの」で受け取って社会保険料を削減する方法を考えるときには、

以下の3つの観点が挙げられます。


それは、報酬の一部を引き下げて、


1)労働の対償でないものに変える 2)臨時に受けるものに変える

3)3月を超える期間ごとに受けるものに変える


まず、2)の臨時に受けるものの代表は「大入袋」ですが、

これはそもそもそんなに大きな金額にすることはできませんので、

削減効果も限定的です。


また、3)ですが、報酬の一部を下げて3月を超える期間ごとに受けるものに変える

となると「賞与」になります。

しかしながら、総報酬制により保険料がかかることとなります。


となると、一番現実的なのは、 1)労働の対償でないものに変える


です。つまり、


「労働の対償」には該当しないものに “会社から受け取れる金銭を換える”のがベスト


ということになります。


では、具体的には どのような方法があるのか?

その方法を3つ紹介します。


1)役員借入金で社会保険料を削減する

2)企業型確定拠出年金で社会保険料を削減する

3)弊社がご案内している【社会保険料劇的削減プラン】を活用する


です。

具体的にはまた改めて。



この社会保険料の削減方法の具体的なお話も含め、

さまざまな「社長と会社の手残りキャッシュを最大化」するための

ノウハウをお伝えするセミナーをご用意しました。

詳しくはこちら

>>> https://www.ykconsulting.jp/cashsaidaika

292回の閲覧0件のコメント
ykロゴ101807.png

〒400-0031

​甲府市丸の内2-33-11-102

​055-267-6355

9:30~17:30(土日祝休)

保険募集に関する表記

このWebサイト(ホームページ)は概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず各引受保険会社の商品パンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をご覧ください。また詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、YKコンサルティングまたは引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、YKコンサルティングまたは引受保険会社にお問合わせください。

© 2018 YK Consulting